表情じわを目立たなくしたり、エラを目立たなくする効果があります

サイトメニュー

先発医薬品と後発医薬品

エステティシャン

切り替えるときの注意点

美容整形などでボトックス注射の利用するときの選択肢として先発医薬品(新薬)か後発医薬品(ジェネリック医薬品)が提示されることがあります。先発医薬品は特許を得てから一定期間の間は独占的に販売することができ、後発医薬品はその期間が過ぎた後から販売することができます。これは開発した費用は製薬会社に利益がでるようにした仕組みであり、当然、先発医薬品には開発費も含まれているため後発医薬品よりも高い傾向にあるのです。そして、ボトックスも独占期間が過ぎているため後発医薬品が登場しており、もしも、安く利用したいと考えているならば、後発医薬品を選択するのも良いでしょう。数割から半額ほど安く抑えることができます。美容整形ではほぼ全額自己負担で1本1万円以上かかるものなのでかなり費用を抑えることができるので、学生や新社会人などに人気を集めています。では、後発医薬品だと効果や副作用に関して不安を抱いて、安物買いの銭失いとならないか心配する人も決して少なくありません。ただし、基本的には効果も副作用も先発医薬品のボトックスとほぼ同じであるため、さほど心配する必要はないでしょう。念のため、医師と相談の元で納得してから利用されるのが良いです。

もしも、今まで先発医薬品のボトックスを利用していた人で後発医薬品に切り替えようと考えている人で一つ気を付けてほしいのがアレルギーです。薬としての成分は先発医薬品とほぼ同じであるため副作用の症状の差はほとんどなく、先発医薬品と後発医薬品とではメーカーが違うため製造過程で使われる材料などにも多少の違いが生じてしまいます。そのため、先発医薬品を利用していてもアレルギー反応が全くなかったけど、先発医薬品に切り替えたら途端にアレルギー反応が起こるというケースが稀にですが起こります。そのため、後発医薬品に切り替えようと考えるならば、医師の指導の下でアレルギー検査をしてから利用するのがおすすめです。もしも、アレルギー反応を示した場合は、今まで利用していた先発医薬品のまま利用するのが良いでしょう。また効果や副作用は反応は同じでも、その反応の大きさには差が生じることもあります。ボトックス注射を利用されてから、数日間は反応のあるなし、その反応の大きさなどをきちんとチェックしておいた方が良いです。仮に、効能の効きが弱い、もしくは、副作用が強く表れるといったときも、先発医薬品に戻すこととなります。とにかく、先発医薬品から後発医薬品に切り替えるときは、医師の指導にきちんと従わなくてはいけません。

Copyright© 2019 表情じわを目立たなくしたり、エラを目立たなくする効果があります All Rights Reserved.